水仕事でも安心!防水機能

時計ごとに異なる機能の差

腕時計が持つ機能の中でも生活の利便性を向上させてくれることで人気なのが防水です。一口に防水といっても商品によって耐久性が異なります。手頃な価格で購入できる腕時計に備わっている3気圧前後の防水で耐えられるのは雨や皮膚から出る汗といった軽い水分です。洗顔程度であれば影響が出ることはありませんが、食器洗いを始めとした本格的な水仕事には耐えられません。ダイビングを始めとしたマリンスポーツを楽しむ時でも装着したいという人は最低でも10気圧以上の防水機能が必要となります。利用者の中には10気圧と水深100mを混同して認識している人も少なくありません。m単位でと表示されている時計はその水深まで潜って静止した状態で耐えられる耐圧のことです。10気圧表示の時計で同じ深さまで潜ると壊れることもあるので気を付けなくてはいけません。

防水時計の利用における注意点

防水の機能が搭載されている時計を利用する上で注意しなくてはいけないのがボタンの操作です。防水機能が付いていることに安心をして濡れた指でボタンやリューズのつまみを操作してしまう人は多くいます。防水の有無に関係なく時計の内部に使用されている機械は水に耐性がありません。いくら防水機能が付いている時計でも、ボタンやリューズの隙間から水が中に入り込めば故障の原因となります。操作をする時は手を拭いて乾いた状態で行うのが基本です。ダイビングなどマリンスポーツを楽しむ時は錆にも気を付けなくてはいけません。塩分を含んでいる海水が付着したままの状態で長時間放置しておくと、防水加工されていても金属によっては錆びることがあります。真水で海水を洗い流して乾いた布で拭くのが長く愛用するコツです。